2015.2.28

yofi / 新作紹介

こんにちは、Yofiです。


あたたかい日が増えてきて、気持ちもぽかぽかしてきますね。それがそのまま,作るものにも表れるみたいです。


UN CINQにも元気な色のアクセサリーがたくさん並び始めました。


1


pomponのピアス。
あたたかい国から連れてきた綺麗な発色のポンポンパーツ。
軽くて華やか!これからの季節にぴったりです。
ひとつひとつパーツの組み合わせが違うので、じっくり見てお気に入りを探してみてください。


2


繊細なレース編みのパーツは、
ピアス飾りになりました。


3


宇宙みたい。
飾りのパーツは、お手持ちのネックレスやフープピアスに通してみたりしても面白いと思います。


これって、こうやって使えるかな?
こうしたら可愛いかも!って、自由に楽しんでもらえたらとっても嬉しいです。
それがアクセサリー特有の良いところ。


そのまま着けてネックレス、3連にしてブレスレットとしても使えるアイテムや、 アンクレットも入荷。


4


5


ボリュームたっぷりのピアス。
魂抜けちゃうくらい集中して色を選びました。笑
小さなビーズ一粒までこだわっているので、ぜひお手にとってご覧いただきたいです。


y6

Yofiのピアスは、大半のものがイヤリングに交換できます。
わたし自身がピアスをあけていないので、これがイヤリングだったらなぁ・・と涙をのんだことが何度もあり、
自分でつくるものはできるだけイヤリングにも対応できるようにしています。


気になるアイテムがありましたらお気軽にお問い合わせくださいね。


Yofi

HP http://yofi-drawing.com/
WEBSHOP https://yofi.stores.jp/

2015.2.25

smoetのモノ作り

こんにちは。

Smoetです。

第一回目は自己紹介させていただきましたが、

今回はUNCINQさんででお取り扱いの商品について

それぞれのコンセプトやイメージをお話させていただけたらと思います。

 

 

minori

 

木の実のモチーフ

ママさんになったばかりの友達と作った品です。

にゅっと葉っぱの先に突き出した実

これから何かの元になりそうな、もしくは何かの頑張りで実った報酬の様な

実り多い時・人生を過ごせる様なイメージをテーマに作りました。

ナチュラルで普遍的なモチーフを細いラインで

耳たぶに収まるサイズですが、小粒なダイヤが紙の中でも鋭く光って存在感あります。

Processed with Moldiv

uroko

 

鱗柄から作りました。

鱗柄は三角が連なった模様です。

日本に古くからある文様で、近世では厄除けの文様として使われていました。

 

②

 

昔から三角の形が気になって気になって、

ピラミッドや山の形なども連想させ、何か力の様なものを感じて好きなのかもしれません

鱗の鎧のような姿から身を守り、強さの象徴の様なイメージで作成しました。

華奢で繊細な様で、鋭く固いデザインです。

 

 

awa ・ nami

 

アワとナミは海から

 

SONY DSC

 

寄せては返す波と、打ち上がる度に無数にできる泡。

常に変わっていく形が何か意思を持っていそうな気がすることもあり

面白くて好きです。

気持ちがばたばたしてしまった時には眺めていると落ち着いたりもして

波間に浮かび、自由に揺らめく泡のように、

息を抜いて力まず、波の揺れに身を任せる感じで、

時には時間や身の回りの状況にあらがわず任せてみるのも良いんじゃないかと

そんなイメージで製作した

頑張り屋な方にオススメなシリーズだったりします。

 

 

 

batton  ・ hashira

 

SONY DSC

 

見る角度によってボリューム感が違う、違和感を感じる様な形をテーマに作成しました

コンテンポラリーアートの様な見え方が一元化しないように

正面から見るとすっきりとした直線が、耳に対して前に浮き出しているように見える。

金属特有の光がすっと縦に入って、ラインは細いくシンプルですが

しっかりと自己主張し、個性的なシリーズです。

 

 

 

商品の善し悪しはなんといってもぱっと見のデザインが第一ではありますが、

作るときのあれやこれやも少し頭の片隅に置いていただいて

気に入っていただけたら嬉しいなと思います。

 

春も近くなり、着込んでいた服も少しづつ身軽になっていくこの時期

外に出かけるのが楽しみになってきますね。

コーディネートの中でアクセサリーも存在感を増してきますし

新しいアイテム探しでお目にかかれるのを楽しみにしています。

 

可能性の広がる春に待ち遠しいです。

2015.2.20

“Poland”

こんにちは!

Lilyのデザイナーの山崎です。

 

他のブランドさんのブログも熟読しています。

作品に対する思いや制作方法など、とてもいい刺激になりましたし、毎月の楽しみ。

 

Lilyは2013年に活動を開始したばかりのブランドです。

 

UNCINQオープン時に声をかけて頂き、

そこからオーナーであり、emouのデザイナーでもある、みかほさんにアドバイスを頂きながら、

日々、シーズンテーマを考えたり試作をしたり試行錯誤を重ねながら頑張っております。

 

頭の中で考えている物を形にするのって、とても難しい。

 

思った通りにならないのが普通ですが、

そんな中、想像以上のものが出来た時は、

思わず「かわいい・・・」と声が出てしまいます。

 

小さな鉢にお花を植えていくように、

小さなパーツをシャワー台に編み込んでいく作業が、とても大好きです。

今回の新作も一つ一つじっくりと時間をかけて向き合ったシーズンとなりました。

 

是非チェックしてみて下さいね。

 

2015/3−4/SS

Season Theme“Poland”

 

今回旅先に決めたのは、中央ヨーロッパに位置する国、ポーランド。

 

まずは、ポップなフラワーペイントがとてもキュートなザリピエ村をご紹介します。

 

9653892544_31d009d557_z

 

この村の家庭には昔、煙突がなく、ストーブや台所の煙で壁や天井が煤だらけだったといいます。

19世紀末に煙突ができるようになり、女性たちが汚れた壁にペイントをしたのがきっかけでした。

 

500_31697370

 

今でもその伝統は引き継がれているそうで、

建物だけではなく、井戸や民芸品などありとあらゆる所にペイントが施されているそうです。

とてもメルヘンチックで素敵な村で可愛いですよね。

 

次は色合いが何ともやさしげなポーランドの陶器をご紹介します。

1379400228262

ポーランド南西部の町ボレスワヴィエツとその周辺で作られる陶器は、

スタンプで模様を施す作法で、シンプルな柄から複雑な柄までバリエーションは様々ですが、

どれも優しい色合いでとても温かな気持ちになります。

 

IMG_1849

 

ポーランドらしい、温かな色合いを大事にしたカラー展開のジュエリーをLilyから皆様にお届けします。

 

 

12

Pagetop