2015.1.30

Yofi

はじめまして!

アクセサリーブランドの Yofi です。

 

これからこのブログでも、Yofiのこといろいろを書いていきたいと思います。

 

ドローイングのような感覚で制作をしています。

イメージを詰めてから作るのではなく

素材をさわって、手を動かして形にしていきます。

 

画像1

 

ノートに絵をスラスラ〜と描いているような感覚なので

出来上がるものはわたしにとっては2次元と3次元の間のような存在。

誰かが身に着けてくれてはじめてアクセサリーになれるような気がしています。

 

アクセサリーはクロシェという技法をメインに作っています。

レース針で一針一針編み編み。

1本の糸がみるみるうちに色んな形になっていくのは魔法のように感じたり・・

 

画像2

 

綺麗な編み目が揃うのはとても心地良いです。

 

 

 

色が大好きで、カラフルなアイテムをよくつくります。

 

自分にとってお守りのような色とか

特別な日に身に着けたい色

元気にしてくれたり、静かな気持ちに寄り添う色

その時の気分の色って自然と目に留まるものですよね。

 

感じたことがそのまま色に出てくるのをわたし自身も楽しみながら制作しています。

 

画像3

 

言葉にするのはあまり得意ではないのですが、

その代わりにものを作ることで表現しているのだと思います。

アクセサリーが、手に取ってくださる方とYofiを繋げてくれる。

UN CINQでもまた新しい出会いがある事をとても楽しみにしています。

 

画像4

 

ブランド名の【 Yofi ヨフィ 】は ヘブライ語でいいね!というニュアンスの言葉。

 

それぞれが特徴的な色彩を持ったアクセサリー

Yofi!な気持ちで楽しんでいただければ嬉しいです。

 

Yofi

 

HP http://yofi-drawing.com/

WEBSHOP https://yofi.stores.jp/

 

 

 

 

2015.1.19

Lily

初めまして。
handmade jewelry brand “Lily”デザイナーの山崎です。

記念すべき1回目の投稿という事で、
若干緊張していますが、温かい目で見ていただければ幸いです。

Lilyは世界各地への“旅”をブランドのメインテーマとしています。

シーズン毎に変わる旅先。
そこからインスピレーションを受け、
コラージュ製作するというスタイルで行っています。
そして、製作の上でとっても大切にしているものは” 色彩 ”

旅のお土産のようにカラフルでわくわくする配色。
「身に付けているだけでいつもとちょっと違った自分になれる彩り」
をたくさんの方へお届けできますように。

2015/1-2/AW
Season Theme “Buenos Aires”

アルゼンチンの首都。
“南米のパリ”とも呼ばれ、情緒にあふれる町並みはとてもロマンチック。
個人的にもとっても憧れの都市です。今回の新作はそんなブエノスアイレスが舞台。
ここでは数ある素敵な町並みの中から一部、みなさまへご紹介したいと思います。

IMG_7024

「サンテルモ地区」
“骨董最後の秘境”と呼ばれるほど貴重な骨董品が世界中から集まり、
毎週日曜日には盛大な骨董市が開催されています
古き良きアンティーク調の建築物に囲まれながら石畳を散策するだけで
タイムスリップしたような気持ちになります。

 

「ラ・ボカ地区」
ブエノスアイレス南東部に位置する小さな地区
ここはカラフルな家々が立ち並ぶ “カミニート”という有名なストリート。

 

La-Boca-Buenos-Aires-Giro-del-mondo-in-80-giorni

 

tanngo1-1

“タンゴ発祥の地”といわれていて路上ではタンゴダンサーが生パフォーマンス中!

通りにはバルなども並び、生活感もあって素敵な町。
ブエノスアイレスでは男性から女性へ花を贈る機会が多いそう。
そのため、花屋さんがとても多いです。

なんだか古風で素敵な習慣^^

ブランドネームにもなっていますが、
Lilyは“花”からもインスピレーションを受けています。

「ハラカンダ」
藤色が目にも鮮やかな花が咲くこの木は“アルゼンチンの桜”と言われています。
花は桜よりも大きくてラッパみたいな形

花言葉は“栄光”そして“名誉”。

 

Jacaranda

 

世界には様々な国や花があり、
Lilyの制作意欲には欠かせない物がもう一つあります。
女性が抱く“憧れ”について。
一人の少女が憧れを抱きながら女性へかわっていく、
そんな素敵な時に彩りを加える存在になれるといいなと願っています。

目標の様な存在がいてくれるだけで、
その人自身もキラキラしてくるんじゃないかなーと思います。

Lilyもそのキラキラの一部でありたい。

まだまだ生まれたてのブランドですので、皆様と一緒に羽ばたいていけるよう頑張ります。
是非!!
実物をご覧にUN CINQへ遊びにきて下さいね!

IMG_1649

Instagramもやっています*
>>hikary_l.i.l.y

2015.1.18

conoa

はじめまして。
conoaのなかのコノアさんです。
「 コノアって何だろう? 」をご紹介して、少し作品を身近に感じていただければと思います。

 

conoa_sprash

 

モチーフをよく聞かれるのですが
実はこれといったモチーフは存在しません。
幼い頃、川のほとりで暮らしていた為か、
生まれたお部屋の下に池がありお水の音が常に聞こえていたからなのか、
冬にはツララや雪の結晶を目にしていたからか、
水にご縁のある生活だったからなのか、
そこから自然とインスピレーションを受け、
水が凍り付いた様子がモチーフになった作品を展開しています。

 

よく見ると、水の変化も個性豊かなのですよ。
パシャンとはじけながら凍り付いたり、ゆっくり静かにさりげなく凍ったり。
なんだか、うねうねピュルルンした不思議な形にすごく惹かれるみたいです。

 

 

 

conoa(コノア)というブランド名の意味もよく聞かれるのですが、
僕の名前「こうのあきら」を飛ばし読みした名前で
「このあ」=「こうのあきらから生まれてくるかたち達」というのが名前の由来になります。

 

コノアは基本夜型です。
生み出す作業は夜にしか出来ません。
アシスタントのジュラルミン(ねこ5ヶ月)も付き合って起きているのが大変です。
かたちの元となるwaxをしゃしゃしゃーと削ったり、
うにゅにゅーと溶かしてもったりして
自分の中にあるかたちが上手く表現出来るまで
夜中にしゃしゃうにゅにゅしながら直接手を動かして一つ一つ原型を作ります。
なので形は同じでもちょっとずつ全部違います。

 

conoa_bangle

 

下書きやデザイン画は描きません。

 

描く事もあったのですが、
描くと自分のなかで完成してしまい同じモノを作らなくなってしまうので一発勝負です。

頭の中でイメージを練って何回も修正します。(多分、きっとしているハズ!)
仕上がりがほぼ完全にイメージできるまでは、
気になる写真や映画や本を読んでゴロゴロしています。
(でも頭のどこかではきっと働いているハズ!笑)

そして、本当はよく眠ります。
夢の中で色々な物語を体験するのが好きで、
現実ではありえないことを夢の中で経験し、新作のヒントもよく夢から頂いています。

 

conoa_rings

 

conoa_frozenjewerly

 

宝石を使った作品作りはこの1年前から新しく挑戦していて、
2014年は新しいラインが増えてブランドとして少し世界感に厚みができましたが、
コノアとしての本質は、
金属だけで宝石に負けないほど美しく、
つい手に取ってみて頂ける”ものづくり”を目標にしていますので、
まだまだ完成度の頂きは遥か彼方ですが、
今年は金属シリーズの新作を中心に増やしてゆければと思っています。

 

今年はこのブログを通して
コノアの世界の広がりも感じて頂けるよう更新してまいりますので、どうぞお楽しみに!

12

Pagetop